宮津燈籠流し花火大会

 

昨日の由良川橋梁をアップした時に「宮津燈籠流し花火大会」のことに触れましたが、本日はその時の写真です。

この青と銀の花火写真がお気に入りです (^^♪

f:id:yamasemi5150:20190818122430j:plain

今回は情報が少ない中、思い切って行ったのでカメラを構える場所も判らずでした...

来年のための様子見ということで...

f:id:yamasemi5150:20190818122217j:plain

f:id:yamasemi5150:20190818122301j:plain

彩色千輪も上がりました。露出アンダーですね...もう少しあけておけば良かった。

f:id:yamasemi5150:20190818122403j:plain

煙が印象的だったので明るく現像しました。(;'∀')

f:id:yamasemi5150:20190818122501j:plain

突然、下方にも花火が!船のシルエットも綺麗。

f:id:yamasemi5150:20190818122531j:plain

f:id:yamasemi5150:20190818122607j:plain

f:id:yamasemi5150:20190818122630j:plain

最後のフィナーレです。この後も打ちあがりましたが、真っ白になっていました。

f:id:yamasemi5150:20190818122650j:plain

宮津燈籠流し花火大会、行って良かったです!かなり綺麗でした。左側下方に大きく広がるので、来年訪れる時は縦撮りと横撮りの2台に分けて撮影しようと思いました。

 

今シーズンの花火大会は...

九州花火大会(佐賀県

きほく燈籠祭り(三重県

おわせ港まつり(三重県

なにわ花火大会(大阪府

スターライトイリュージョン(和歌山県

宮津燈籠流し花火大会(京都府) の6大会に参加することができました。


まだ開催予定の花火大会もあるようですが日程的に厳しいです。また参加できそうであれば頑張ってみます。現地で御世話になった皆さま、ありがとうございました。

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

続・由良川橋梁...

「暑くないときに由良川橋梁に行って観光列車を撮影するぞ!!」と前回に記載していました。ひょんなことから、本日いってきました。(;'∀') 17日に熊野大花火大会に行く予定にしていましたが、台風の関係で早々に延期になりました。ならばと猪名川花火大会に期待していましたが、こちらは中止になりました。行くところが...と思っていたら「宮津燈籠流し花火大会」は16日に開催するとのこと!!

ん、宮津

ということで、16日は午前中に現地リサーチし花火撮影場所を確保しそのまま宮津港で待機、16日は花火に集中し終了後の大渋滞を想定して今晩は由良で車中泊。で17日は、朝から由良川橋梁に張り付きました!(´艸`*) めちゃくちゃ暑い...( ゚Д゚)

まずは丹後あおまつ号、こちらは朝8:30頃にやってきました!(3両編成)

よく見ると、右端は「丹後くろまつ号」!? 真ん中が「丹後あおまつ号」あまり解像していないが仕方ない!

f:id:yamasemi5150:20190817214039j:plain

そして11:10頃、本命「丹後あかまつ号」‼ かっこいい!今日は3回みることができました。正面からと展望台からの2箇所で撮影しました。

f:id:yamasemi5150:20190817214335j:plain

f:id:yamasemi5150:20190817214412j:plain

f:id:yamasemi5150:20190817214518j:plain

葉っぱの前暈けで電柱と民家を目立たなくしました。(´艸`*)

f:id:yamasemi5150:20190817214540j:plain

今度は14:00頃に「丹後くろまつ号」が通過しました。お~渋い!!

f:id:yamasemi5150:20190817214636j:plain

f:id:yamasemi5150:20190817214653j:plain

パノラマだとこんな感じです。

f:id:yamasemi5150:20190817214830j:plain

あかまつ号ver

f:id:yamasemi5150:20190817214905j:plain

おや、黄色い稲がきれいですね。ついでなので

f:id:yamasemi5150:20190817214957j:plain

実は今日も豪華客船が入港しました。昨日来航予定だった「コスタ・ネオロマンチカ」ですかね...。タイミングよく電車と絡みました。

f:id:yamasemi5150:20190817215158j:plain

さて、連続で京丹後鉄道「由良川橋梁編」をアップしました。編?電車のシリーズ化も有りかもと思っています。かなり楽しかったです。(電車に嵌るのはマズい...。キリがないぞ。)ところで「宮津燈籠流し花火大会」は編集中ですので後日アップします。現地で御世話になった皆さま、ありがとうございました。熱中症に気を付けてください。

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

由良川橋梁にて

8月13日に1度見たかった「由良川橋梁を渡る京丹後鉄道」の風景撮影に京都府宮津市へ行って来ました。よくSNSで見かける有名な場所なのでカメラマンが多くいると思いましたが撮りつくされたのか誰も居ませんでした。

とても有名なシーンで綺麗な場所です。

f:id:yamasemi5150:20190814182935j:plain

現地に到着したのが朝5時過ぎで場所取りが必要かと思いましたが、小高い丘に年配の方が独りでカメラを構えているだけでした。その方に声を掛けると電車じゃなく船を撮影しているとのこと...船?

 

この日は京都舞鶴港に大型クルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」という豪華客船が入港するとのことで偶然ですが由良川橋梁と撮影することができました。

朝日を浴びる「Quantum of the Seas」です。朝7時に入港予定でしたがここを通過したのは 5:30 過ぎでした。

f:id:yamasemi5150:20190814183710j:plain

その後は電車待ち

6:18  最初の電車が通過しました。TANGO NO UMI 特急です。

f:id:yamasemi5150:20190814184001j:plain

6:29   4両編成のTANGO NO UMI 特急です。

f:id:yamasemi5150:20190814184156j:plain

薄い朝焼けの中を1両の列車が由良川橋梁を渡ります。

f:id:yamasemi5150:20190814184547j:plain

初めて見ましたが感動しました。朝焼けの中をゆっくりと走っていきました。

釣り人のシルエットも良いですね

f:id:yamasemi5150:20190814184702j:plain

左端で魚が跳ねています。(電車に集中していない...笑)

f:id:yamasemi5150:20190814184827j:plain

観光列車の「丹後あおまつ号」2両編成の通過です。(暗くて判りづらい...)

f:id:yamasemi5150:20190814184942j:plain

ちょっと角度を変えて線路際に行って見ました。

f:id:yamasemi5150:20190814185101j:plain

反対側にも...

f:id:yamasemi5150:20190814185144j:plain

昼頃には露光も良く綺麗な青い空と海を見ることもできました。

f:id:yamasemi5150:20190814185332j:plain

あまり詳しくないですが赤色や黒色の観光列車も通るようです。今度は撮影したいです。

f:id:yamasemi5150:20190814185837j:plain

今日は夕方まで居ようかと思いましたが、あまりの暑さに昼頃に帰る事にしました。(日陰がほぼ無かった...。)この時期は暑いので野鳥撮影はお休みして風景や花火を撮影しますが電車にも嵌るとヤバいですね。(初めて動画も撮影しました。プラレールみたいでカワイイ動画でした。アップはしませんが...)また丹後あかまつ号・丹後くろまつ号の撮影に行こうと思います。暑くない日に...。

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

和歌山マリーナシティ

8月11日と12日に和歌山マリーナシティへ行きました。目的は「スターライト・イリュージョン」(花火)の撮影でした。本来は海側に観覧場所が設けられており、そちらで花火鑑賞するのですが、私は別場所で待機しました。ポルトヨーロッパの建物越しに花火を撮影したかったので...。

結論から言いますとこんな感じになります。

f:id:yamasemi5150:20190813185742j:plain

ポルトヨーロッパの外観はこんな感じです。

f:id:yamasemi5150:20190813190409j:plain

暗くなると...ライトアップされて綺麗です。

f:id:yamasemi5150:20190813190453j:plain

そして20時から、わずか10分弱ほどの短い時間ですが、音楽と光に合わせて花火が打ち上がります。(しかし)この場所からは音楽は聞こえず低い花火も見えません。したがってタイミングが判りません。

そうこうしていると花火が上がりました。

f:id:yamasemi5150:20190813190725j:plain

f:id:yamasemi5150:20190813191957j:plain

f:id:yamasemi5150:20190813192038j:plain

音楽に合わせてテンポよく花火が上がります。上記の3枚は一発撮りですが、上のような感じで一つ一つ丁寧に撮影し花火の流れでコンポジット(比較明合成)したのが下の写真です。

f:id:yamasemi5150:20190813191036j:plain

f:id:yamasemi5150:20190813190954j:plain

最後のクライマックスは最初に掲載した写真です。(上と同じ写真です)

f:id:yamasemi5150:20190813185742j:plain

実は11日は風向きが南西で観覧側へ全部流れてきまして、ほとんど花火が見えず撮影できませんでした。北東の風の時が良いようです。なので翌日の12日にリベンジへ行きました。終盤は中玉・大玉を連発するので煙が凄いのと、白飛びに注意が要りますが撮影はとても楽しかったです。今年は花火に夢中になっています(笑)またどこかの花火大会に行くかもです。

短い時間でしたが、現地で御世話になった皆さま、ありがとうございました。

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

鹿活 & なにわ花火大会

「なにわ花火大会」の撮影前に奈良公園で早朝の鹿を撮影しました。その時にフジテレジの記者さん(F)からインタビューを受けました。

F「鹿活ですか?」

私「ん?何それ」

F「奈良のシカを早朝に撮影するのが密かなブームになっているようですね」

 「ちょうどカメラマンを探していたんです。」

私「そうなのね(鹿活って言うのか、知らんかった。)」

F「なぜ朝早くにシカを撮影するのですか?」

私「朝の光を受けた雰囲気のある撮影がしたいので...」

F「撮りたい情景があるのですね」

私「あとは観光客が少ないのと気温が上がり過ぎないからですかね」

F「そうですね、観光客が少ないですね」

  ・

  ・

  ・

などなど、と長く付き合っているうちに木漏れ日や光芒の射す瞬間を逃してしまいました...なんじゃい。(T_T)

 

f:id:yamasemi5150:20190812054055j:plain

逆光で角が光っています。

f:id:yamasemi5150:20190812054130j:plain

f:id:yamasemi5150:20190812054219j:plain

f:id:yamasemi5150:20190812054329j:plain

暑くなってきたので、ここで退散。「なにわ花火大会」へ移動しました。

大人気の「なにわ花火大会」ですが、今日はゆっくりと場所取りに行きました。なぜなら試したいことがあったからです。花火大会を超望遠で撮影するのが流行っています。どの程度撮影できるのか今後の参考までに実際に撮影してみようと思いました。

場所は兵庫県の掬星台からです。

「なにわ花火大会」までの距離は約23km‼ 遠すぎる...。が、やってみた。

f:id:yamasemi5150:20190812054852j:plain

ん、意外と撮れた。

f:id:yamasemi5150:20190812054953j:plain

これは、Nikon D850 + AF-S NIKKOR 500㎜ F/4G ED VR で撮影

テレコンなしで、ほぼトリミングしていません。

 

念のためトリミングなしだと...このサイズです。

f:id:yamasemi5150:20190812055723j:plain

超望遠だと

・霞の影響をうける(この時は撮影前に少しマシになってくれました)

・いつ花火が上がるかタイミングが分かりづらい(音はかなり遅れて届きました)

・望遠ならではの圧縮がきつい

・でも楽しい (´艸`*)

・掬星台は観覧客が多かった(遠いのに人気があるのは驚いた)

・超望遠レンズは一般人には珍しく質問攻めにあう。

・特に海外の方達は積極的に話しかけてくる。(これも楽しい...でも撮影が始まると会話しませんが...)

・掬星台は床が木なので人が歩くと揺れてブレる(残念)

などなど、試してみるといろいろ分かって楽しいですね。

 

f:id:yamasemi5150:20190812060333j:plain

f:id:yamasemi5150:20190812060411j:plain

f:id:yamasemi5150:20190812060444j:plain

大阪夜景に咲く「なにわ花火」綺麗でした。

盆休み初日、アップが一日遅れましたが、大阪の「なにわ花火大会」と奈良の「鹿活」を撮影しました。盆休みに色々と撮影したいと思います。暑いので熱中症には気を付けよう。現地で御世話になった皆さま、ありがとうございました。

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

高美湿地の夕陽 & 尾鷲花火大会

また台湾出張へ行ってました。今回は台中市にある高美湿地に少しだけ寄る事ができましたがクロトキは撮影できませんでした...。夕陽が綺麗な場所です。

f:id:yamasemi5150:20190806230034j:plain

サギの姿を発見!無理やり野鳥撮影をしました...意外と綺麗です。

f:id:yamasemi5150:20190806230145j:plain

夕陽が沈んで来ました。

f:id:yamasemi5150:20190806230229j:plain

すぐ横に風車が並んでいました。シルエットが綺麗です。

f:id:yamasemi5150:20190806230309j:plain

実は台湾出張の前日に、三重県の尾鷲花火大会に行ってきました。撮影スポットも分からずに現地へ...来年の参考にでもなればとウロウロしてカメラを構えていました。しかしカメラマンが一人もいません。心細い中、ひとりで撮影をしました。

f:id:yamasemi5150:20190806230618j:plain

手前の橋のシルエットが綺麗です。

ここでも彩色千輪菊が!!角度が悪いですね...。

f:id:yamasemi5150:20190806230706j:plain

f:id:yamasemi5150:20190806230809j:plain

f:id:yamasemi5150:20190806230830j:plain

花火撮影のコツが、ようやく解ってきました。今年は5カ所の花火大会参加を目標に計画を立てていますが場所取りと待機時間が大変です。花火専門のカメラマンは凄いと思います。台風が立て続けに発生しているので、上手く回避できると良いですね。また頑張って遠征します。

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

彩雲孔雀千輪

 昨年から撮影したいと思っていた打ち上げ花火がありました。きほく燈籠祭りの最後に披露される「彩雲孔雀千輪」という花火です。大燈籠との競演で打ち上げられる素晴らしく見事な花火です。なんとか撮影したいと思い、7月26日(金)の仕事が終わったあと現地へ急ぎました。到着は午前3時でしたが、場所取りに失敗!!(T_T)

その後、別の場所を探し回り定番スポットに落ち着きましたが暴風雨でコンディションは最悪。結果この日は中止で延期との発表が...。

諦めきれないので翌日に期待して再度場所取りをしました。本会場の正面山上で構える事になり、なんとか撮影に成功しました! 以下に撮影したときの設定を記載しています。Nikonの2台体制です。(※一番下の写真はLUMIX-G9です)

まずは1枚目、緊張して待っていました。

f:id:yamasemi5150:20190729212628j:plain

こちらは2枚目。フィルターを取り付けるアタッチメントを持っていなかったのでフィルター無しで撮影しました。

f:id:yamasemi5150:20190729212809j:plain

そんなに差は無いですね。

上は、f8・SS6.7秒・ISO100、WBはオート設定、ND4フィルター使用です。

Nikon D500 + 12-24㎜ f4 DXレンズ)

下は、f14・SS7.7秒・ISO64、WBはオート設定、フィルター無しです。

Nikon D850 + 14-24㎜ f2.8)

どちらも1発撮りで、上手く撮影できて本当に良かったです。(比較明合成ではないです)

他には...

f:id:yamasemi5150:20190729213426j:plain

f:id:yamasemi5150:20190729213456j:plain

f:id:yamasemi5150:20190729213527j:plain

f:id:yamasemi5150:20190729213601j:plain

彩雲孔雀千輪を撮影した後、安堵の為か緊張感や集中力が低下し、白飛び連発の撮影となってしまいました。しかし、今日は大満足の一日となりました。

f:id:yamasemi5150:20190729213841j:plain

花火大会の撮影は待機時間が長いのと、気候で延期や中止があるので大変ですが、上手く撮影出来た時の歓喜は最高ですね。またどこかの花火大会に出没したいと思います。

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました。